ホーム 研究キャリアの相談所 公開求人情報 機能性成分・天然物の解析に...

機能性成分・天然物の解析に関する研究開発職<株式会社アミノアップ化学>

1143
0
<主なお仕事の内容>
  • 機能性成分の探究

  • 天然物の抽出、単離・精製、機能性成分の構造解析

  •  その他機器分析

    (例えばAgilent社製Q-TOF

     LC/MS Agilent6550を使用)

    弊社は製品の大々的な宣伝活動は行わず、研究成果を学会発表や論文化することにより、公表を行っております。しかしながら、一般消費者には学術的な知見は理解しにくいところがあり、学術部門が平易な内容に置き換え、研究成果をわかりやすく説明することを心がけています。また、弊社は新規な(特許性のある)機能性素材を継続して研究開発することを最重要課題にし、科学的根拠に基づいた製品づくりを実践しております。そのため、研究開発部門は最も重要な部署の一つといえます。

<企業の業務内容>
  • バイオテクノロジー(微生物大型タンク培養法)による植物生育調整物質、担子菌由来抽出物等の製造及び販売
  • 天然物由来の生理活性物質の開発
  • 製造及び販売
  • タンク培養、生理活性物質抽出の技術を用いた試験製造
  • 天然由来の農業資材、健康食品素材の生産
<求める条件>
  •  理系大学卒以上

  •  英語力を有する方(読み書きが可能なレベル)

    ※国際会議での資料作成及びコミュニケーションなどに必要なため。

  •  化学系(天然物の抽出、単離/精製および構造解析)の研究経験者

  •  HPLC経験者

    ※下記いずれかの方、歓迎

  •  LC/MS/MS経験者

  •  新しい機能性食品(素材)の研究開発に意欲のある方

<勤務地> 北海道札幌市
<着任時期> 応相談
<提出書類>
  • 職務経歴書
  • 履歴書
<選考方法>
  • 書類審査
  • 一次面接⇒二次面接⇒役員面接
<条件> 正社員 年収320万円〜450万円
http://www.aminoup.co.jp/
<スタッフのコメント>
平山 洋佑(農学博士)さん

『新規機能性素材(食品)の探索およびその生理作用や食理作用を細胞レベルや動物レベルで研究しています。さらに既存製品の機能性を拡充するための応用研究も行っています。』

・学生時代はどのような研究をされていましたか?

乳酸菌やビフィズス菌に関する研究を行っていました。乳酸菌に関しては腸内環境下で生息するために必要な防御機構について、ビフィズス菌に関しては遺伝子組換え技術について研究していました。

・大学ではなく企業で研究活動をする魅力はどのようなところに感じますか?

自分の研究を実際に商品化できることだと思います。

・企業と大学の研究活動で、同じところ/違うところがあれば聞かせてください。

企業での研究活動は商品開発のために行なわれているという点が大学とは異なると感じます。企業では知見の集積を目的とした研究はほとんど行われてないと思います。大学の研究活動では様々なことを解明しようとするために研究の方向性としては分散的になってしまいますが、企業では商品開発という一点に研究が集中するのでその方向性は大きく異なります。

また、企業では時間と経費の管理がより高いレベルで求められると感じます。どのくらい経費がかかって、開発期限はいつまでなのか、を明確化して計画通りに研究を進めることが求められます。

エントリーする

エントリーする場合は以下のフォームにご入力の上送信してください。
研究キャリアの相談所スタッフより、メールにてご連絡いたします
お問い合わせ等は備考欄にご記入ください。業務内容や応募資格などお気軽にお問い合わせください。
イベントの募集期間が終了しております FavoriteLoading気になる

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください